賢い太陽光発電の選び方

賢く選んで上手に使いましょう!

太陽光発電の仕組みはどんなものか

太陽光で電力を得ることができる、太陽光発電仕組みは一体どのようなものなのでしょうか。
太陽光で発電する仕組みについて考える際に、まず最初に私たちが頭に入れておかなければならないのは、「太陽電池」という名前がついているものは、実は、電気を貯めておくことができる蓄電池とは全く性質を異にしているということです。
太陽電池の正式な名称は、光電気変換素子というもので、半導体であるシリコンの力を借りて太陽の光を電気エネルギーに変え、発電をするものです。
この性質から、太陽電池は電気をためておくイメージが強い電池というよりは、むしろ、モーターの力を使って発電をすることができる発電機の意味合いが強いといえます。
また、太陽光で発電をする仕組みは、太陽電池だけで完結しているわけではありません。
太陽光発電のシステムは、いくつかの重要な役割をする機器で成り立っています。
一番重要なのは、もちろん太陽電池が入っている太陽光発電パネルです。
太陽光発電パネルは太陽の光を電気に変えるという最も重要な役割を果たしていますが、このパネルが発電した電気はそのままでは家庭用として使うことはできません。
なぜなら、太陽光発電パネルが発電する電気は直流だからです。
一般的な家庭用として使われている電気は交流です。
従って、太陽光発電パネルで発電した電気を家庭で使えるようにするには、パワーコンディショナーで直流の電気を交流に変換しなければならないのです。
太陽光発電システムで発電をした電気は、まず家庭内での電力消費に回され、さらに余った分は、売電メーターを通して電力会社に流し、売ることができます。
この他に、太陽光発電システムには発電モニターという機器もあります。
発電モニターは、家の中の電気の消費量や買った電力の量、電力会社に売った電力の量である売電量がグラフで表示されるため、これをつけていますと、より視覚的にどれだけ電力を発電しているのか把握しやすくなります。