賢い太陽光発電の選び方

賢く選んで上手に使いましょう!

住宅で太陽光発電を導入するメリットとデメリット

住宅太陽光発電の導入をするときは、メリットとデメリットをよく考えたうえで、導入するか決めるとよいでしょう。
太陽光発電の一番大きなメリットは、電気代を安くあげられるということです。
このシステムで発電した電気は家庭用の電力として使用できますので、発電した分だけ電力会社から電気を買わなくて済むようになります。
しかも、発電した電力が消費電力より上回っているという場合は、その電力を電力会社に売ることも可能です。
電力会社に電力を売ることができれば、電力会社にお金を払うどころか、逆に彼らからお金をもらう事すらできるのです。
さらに太陽光発電には、最近の電気料値上げの防衛策にすることができます。
東日本大震災後の原発事故のおかげで電気代が10%以上上がってしまいましたが、太陽光発電システムを導入すれば、電気代が値上がりしても大きな影響を受けずにすみます。
その理由は、割高な昼間の電力を買わずに済むからです。
これほど魅力的な住宅用の太陽光発電ですが、全くデメリットがないわけでありません。
太陽光発電の大きなデメリットの一つといえるのが、昼間しか発電ができないということです。
しかも、発電量は季節や時刻、天候によって左右されてしまいます。
一年中強い日差しが照りつける中東ならばかなりの発電量が期待できますが、梅雨という雨の多い季節がある日本では、その時期の発電量は少なくなってしまいます。
そして、住宅用の太陽光発電の最も大きなデメリットといえますのが、システムが割高であることです。
一番最低レベルの発電システムでも、屋根に設置するとなると150万円から200万円くらいの費用がかかってしまいます。
この費用のおかげで、太陽光発電のシステムの料金を一括で支払える人はなかなかいないのが現状です。
さらに、太陽光発電には、発電効率がよくないというデメリットもあります。
原発一基の発電量を賄うのには、40~50平方kmくらいの広大な土地が必要であるといわれています。
しかし、太陽光発電お家庭用として使う分には、今の太陽光発電システムでも十二分だと言われています。