賢い太陽光発電の選び方

賢く選んで上手に使いましょう!

システムの寿命と耐久性は

太陽光発電のシステムは、ソーラーパネルとそれを支える架台、そして、どれくらい電気を発電することができたのか見ることができるモニターや、発電した電気を家庭で使えるようにするためのパワーコンディショナーといった電気機器などで構成されています。
これらのシステムの寿命は、パーツによってそれぞれ異なっていますので注意が必要です。
一般的に、ソーラーパネルの寿命は20年くらいです。
ただし、この年数を過ぎたからといってすぐにシステムが使えなくなるわけではありません。
注意したいのは、太陽光発電システムのメーカーによって、パワーコンディショナーを屋外に設置する場合があるということです。
パワーコンディショナーを屋外に設置するタイプの太陽光発電システムは、屋内に設置するタイプと比べて不具合が多いといわれています。
ですので、太陽光発電システムを導入するときは、パワーコンディショナーを屋内に設置するタイプのものを選ぶのが望ましいでしょう。
また、使用されている部品が多ければ多くなるほど、太陽光発電システムの故障率は上がるとされており、温度や湿度など、どのような環境でシステムを使うかによってもその耐久性と寿命は変化してきます。
では、どのような症状が太陽光発電システムに起きたなら、そのシステムが寿命であるといえるのでしょうか。
太陽光発電システムの寿命として考えられる第一の症状は発電量の低下です。
ソーラーパネルは年数が経つほど発電効率が落ちると言われています。
もし、ほとんど発電ができなくなるほど発電の効率が落ちたのなら、それは明らかに寿命を迎えたといえるでしょう。
次に、絶縁性能の低下も寿命を示す症状のひとつであるといえます。
太陽光発電システムに限らず、家の中の配線や電化製品の配線などは経年劣化を起こし、接触が悪くなるなどの症状が起こりやすくなります。
また、太陽光発電システムの場合、屋根に設置することが多いという性質から、システムそのものではなく、それを支える屋根が劣化してもシステムの寿命につながってしまいます。